取扱いブランド「arflex」

arredamenti(イタリア語で家具)とflexibility(英語で柔軟性)から名づけられたarflex。

arflexは1951年にイタリアで誕生しました。

1951年、建築家マルコ・ザヌーゾイタリアのゴムメーカー「ピレリ社」と「アルフレックス」と共に1脚のチェア「レディ」を製作

これがイタリアの国際美術展「トリエンナーレ」で金賞を受賞し、鮮烈なデビューを果たしました。

1967年、後のアルフレックス ジャパン創立者 保科正はミラノでアルフレックスと出会い、

そのミラノの工場で工員としてソファを製作するすべての作業を身につけました。

そして1969年、ライセンスを取得した保科正は日本でアルフレックスジャパンを設立、青山に直営店をオープンしました。

1971年発表のソファ「マレンコ」では、アルフレックス ジャパンが独自のアイデアをプラス。

「着たり・脱いだり・洗ったり」のカバーリングは好評で、後にイタリアに逆輸出。

まだまだ畳にちゃぶ台という家庭がほとんどだった40年前の日本に、

「リビングのソファでくつろぐ」というスタイルを定着させたアルフレックス。

それより、オリジナルを日本流にアレンジしながらシンプルでモダンなデザインの家具を展開しています。

また、デザイン性に負けず劣らず優れたその機能性たるや、目を見張るものがあります。

arflexは「イタリア生まれ、日本育ち」の家具ブランドです。

中村谷オフィシャルブログのご案内

先だってのイベント案内より、弊社オフィシャルブログをスタートさせていただきました。

新入荷のご案内を中心に、商品の説明やデザイナーの紹介など、インテリアに関する情報をこれから配信していきます。

今回は、弊社についてご紹介させていただきます。

株式会社中村谷の創業は、嘉永6年(西暦1853年)にさかのぼります。

弊社のある南鍛冶屋町は、古くより高松の家具屋通りといわれており、

当時は「讃岐箪笥」といった和家具を専業にしておりました。

昭和39年、作業の合理化・生産力の増強・労働環境の改善を図るため、鹿角町へ新工場を建築し、

家具専門店としてのみでなく、建築内部木工事造作部門にも進出いたしました。

昭和49年に現在の本社ショールームが完成し、また平成元年には、新たに一級建築士事務所登録を行い、

建築の設計施工の一貫受注もはじめることとなりました。

現在では、オーダー家具からカーテン、カーペット、さらにはお部屋の改装や増改築に至るまでトータルに行っております。 

どうぞお気軽にご来店、ご相談ください。

イベント「そろそろ、冬じたく。」開催のご案内

11/2(金)〜11/11(日)の期間中、

中村谷では「そろそろ、冬じたく。」を開催しております。

 





TOPへ